異なる結果が出た場合は?|運勢を左右するのは姓名の画数!?姓名判断で良い運勢を導く名付けを

運勢を左右するのは姓名の画数!?姓名判断で良い運勢を導く名付けを

異なる結果が出た場合は?

少女のイラスト

姓名判断に限らず、世の中には非常に様々な占いが溢れています。そんな様々ある占いを1日の間にいくつもチェックしていると、こんな体験をする事はないでしょうか。

「この占いとこっちの占いで、占い結果が全然違う!」

複数の占いを参考にしようとすると、よく発生するのが「矛盾」です。例えば一方の占いでは「注意力に優れている」とあるのに、他方の占いで「注意力が弱いので注意」と書かれている場合、どちらを信じれば良いのでしょうか。
そういった「矛盾」が発生した場合には、以下の考え方を参考にしてください。

・明らかな矛盾は「相殺」
無料で結果を知る事ができる占いの多くは、貴方のためだけに占いが行われているわけではありません。多くの人にとって参考になるように、世の中に存在する「パターン」を、貴方に提示してくれているのです。
ですから複数の占いを参考にした時に「矛盾」が発生したら、それは「相殺」されると考えましょう。例えば「注意力に優れている」、「注意力が弱いので注意」という占い結果が同じタイミングで貴方に提示された場合には、占いが貴方の注意力に対して言及する事は「何も無い」と同義なのです。

・短所を長所、長所を短所に言い換えられないか試してみる
明らかな矛盾でなくても、「これっておかしくないか?」と思うような占い結果の違和感はよくあります。そういった場合には、「言い換え」ができないか試してみましょう。
例えば「恥ずかしがり屋」という短所は、「自分が人前で失敗するところを想像するとその失敗が怖いから人前に出るのが嫌」とも言えます。それは「想像力が豊か」という長所に言い換え可能なのです。