女の子の名付け|運勢を左右するのは姓名の画数!?姓名判断で良い運勢を導く名付けを

運勢を左右するのは姓名の画数!?姓名判断で良い運勢を導く名付けを

女の子の名付け

占い師のイラスト

あなたの家庭に無事、女の子が生まれた時の事を考えてみましょう。可愛い娘に対して早速親としての愛が試されるのが、「名付け」ですよね。
女の子に名付けをする際には、姓名判断の占い結果を考慮しましょう。以下のような順序で占いに基づいて名付けを考えていくと、名付けに悩まなくて済みます。

1:天格を調べる

女の子が生まれた時点で、その苗字は決まっています。つまり苗字の総画数で決まる占い結果、天格は名付け前に決まっているのです。
一般的に、姓名判断に限らず以下の総画数が「大吉」とされています。

1画、11画、16画、21画、23画、31画、32画、41画

逆に、以下の総画数は「凶」とされています。

2画、4画、9画、10画、12画、14画、19画、20画、22画、26画、28画、46画、50画、54〜56画、59画、60画、62画、64画、66画、69画、70画、72画、74画、76画

特に天格が「凶」である場合には、名前の総画数で決まる占い結果「地格」を「大吉」としましょう。

2:総格を考慮しながら地格を考える

名前の総画数を工夫して地格を「大吉」にすれば、女の子の青春期における知力・体力が名付けによって保証されます。しかし同時に気にしておきたいのが「総格」です。
総格は、天格と地格の合計です。女の子の総格で注意すべきとされているのが、「大吉」の中でも「23画」と「32画」です。
この2つの総画数は、大吉の中でもリスクを含んだものとされています。特に女の子にとっては人生を左右する総格ですから、名付けの際には総格を考慮しながら地格を考えましょう。